Leider Communication Institute

logoLeider2

レイデル コミュニケーション研究所

“ビジネスコミュニケーション” の最強パートナー

item4a
トップページ LCI マネジメント・コミュニケーション
images11 マネジメント・コミュニケーション 研修

マネジメント・コミュニケーションとは

マネジメントコミュニケーションとは、チームを目標に向けてけん引するために必要なコミュニケーションを意味しす。チームをけん引して行くたには、チームメンバーとの様々なコミュニケーションが不可欠ですが、その中で特に重要なのがメンバーの志向と行動に影響を与えるコミュニケーションです。志向と行動への影響力には、人の心に働きかける技術が求られすが、漠然と心への働きかけといわれて困りすよね。でご安心ください。これは人の行動に関する心理学を学ぶことで必要な知識は得られす。この知識をうく活かせるようになれば、マネジャーが持つ悩の多くは解消できるでしょう。このように、コミュニケーションに的を絞り、チームマネジメントに心理学のノウハウを活用したのが、レイデルのマネジメントコミュニケーションの特徴です。

マネジャーに求られるつのマネジメントスキル

実績を評価された優秀なプレイヤーがマネジャーに抜擢されるのが一般的ですが、日本ではマネジメントに必要な体系立てたトレーニングを経ずにそのままマネジャーに就いてしうケースがほとんどです。しかし、マネジャーとプレイヤーでは求られるスキルは大きく異なります。プレイヤーは基本的に自身のマネジメントを完結できれば評価を得られすが、マネジャーはこれに加えてプレイヤーそれぞれに影響を与えてチームをマネジメントすることが求られす。自分一人では完結しないのです。

この「チームをマネジメントする」とは、達成すべき目標のたに計画とコミュニケーションに基づいてチームの力を最大化することを意味しす。そのたに各マネジャーが個性を発揮してらえばいいのですが、外してはいけないマネジメントの要素がつありす。それは 目標管理のマネジメント人に関するマネジメントです。前者は、目標設定とその進捗管理結果の測定と評価およびそのフィードバックが主な仕事です。これは、数字を読力と計画力が求られすが、ビジネス書で教えてくれる分野でありすので、マネジャーの努力で身に付けられる要素と考えられす。重要なのは後者の方で、マネジメントコミュニケーションが必要な分野です。これは、コミュニケーションモチベーション人材育成組織化つの要素から成り、人を動かす要素となりす。

MC1

ところが、重要であるに関わらず、こちらに関しては多くのマネジャーがその習得に苦心していす。特にコミュニケーションとモチベーションは、マネジャーの独力で身に付けることは難しいようです。ちろん身に付けている人すが、これらの習得には感性”と“キャラクター”が必要で、その人の長年の経験環境で得たのなのです。それゆえ、すぐに真似できるのではないのです。

マネジメントコミュニケーションとリーダーシップ

マネジメントコミュニケーションの4要素のうち、コミュニケーションモチベーション人材育成は、つの目標に向けてチームをけん引するたっと重要な要素です。モチベーションとは、メンバーに進べき方向とその考えを指し示し、個人の目標を組織の目標とリンクさせてゴールへけん引していくこと。人材育成とは、この目標達成に必要なロジックとスキルをメンバーに習得させること。そして、コミュニケーションとは、こモチベーションと人材育成を行うにあたってのコンセンサスのとり方です。お気付きの方いらっしゃるでしょうが、実はこれらはリーダーシップに必要とされるのと近いのです。

しかしながら、リーダーシップを説明する時その多くが概念的である上、いざ身に付けようとして人によって向き不向きがありすが、マネジメントコミュニケーションで説明する内容は心理学で理論化できていすので、方法の理解に困ることはないでしょう。習得訓練しだいで可能です。た、リーダーシップでは触れられることのない チームの組織化 ついて重要課題として扱いす。チームの組織化とは、単なる個人の集りをナレッジ技術意識を共有するチームに編成することとその維持を指しす。

心理学を効果的にマネジメントへ活かします

リーダーとしての適性を持つ人は、それでの経験環境によって得た特別な感性とキャラクターを身に付けていす。これは、コミュニケーションとモチベーションで特に大きな力を発揮しす。しかし残念ながら、この感性とキャラクターは短期間のしか座学では習得できるのではありせん。それは泳いだことがない人に言葉と文字だけで泳ぎ方を教えることと同じです。でご安心ください。方法はありす。それは、心理学の理論を用いることにより、方法論その根拠効果を学ぶことです。理屈を学ぶことによって感覚を補うのです。具体的にいうと、感性 相手への接し方キャラクター 相手への意思の伝え方 と置き換えて考えす。こう理解して考えることで、部下への接し方が解ってきす。後は練習を繰り返すことで自分のスタイルに取り込れば、マネジャー として自信をもってマネジメントに臨めます。実際の研修では、人の心理タイプ判別法とタイプ別の対応法を学び、心理的傾向に応じた言葉の伝え方接し方などのコミュニケーション方法を学びす。た、様々な心理効果を狙ったコミュニケーション方法の理解を通して、意思疎通が取りすい環境の作り方などを学びす。

MC3
MC2

さらに、脳科学の視点を融合することにより、人が陥りすいのエラー誤認脳のトラップわなについて学びすので、人間としての弱点を補うことに役立つでしょう。以上のように、マネジャーにとってっとタフなコミュニケーションスキルを比較的短期間で学ぶことができす。た、難しく捉えられがちな心理学マネジャーに必要なコミュニケーションの視点から解りすく解説しすので、不安なく受講いただけるでしょう。ヨーロッパのプロフットボールの常勝チームも導入するマネジメント手法を、あなたのチームにもぜひご活用ください。

研修,コンサルティングのご依頼,お問い合せなどは、こちらから

研修

コンサルティング

セミナー

お問い合せ
FBlogo

> トップページ

> コンセプト

> サービス

> 研究所プロフィール

> 導入事例

> プライバシーポリシー

■

> セールスコミュニケーション

> マネジメントコミュニケーション

> パフォーマンスマネジメント

> インターナルコミュニケーション

> オブジェクトマネジメント

■

> ライフスキルセミナー

Copylight (c) 2010 Leider Communication Institute All Lights Reserved.

FBlogo