Leider Communication Institute

logoLeider2

レイデル コミュニケーション研究所

“ビジネスコミュニケーション” の最強パートナー

item4a
トップページ LCI パフォーマンス・マネジメント
images28 パフォーマンス・マネジメント コンサルティング

パフォーマンス・マネジメントとは

企業としての様々なパフォーマンスを高めるため、従業員をポジティブな行動に導く手法、パフォーマンスマネジメント

企業を動かしているのは事業計画でも資金でもありません。人で動いています。そこで働く人 たちがやる気に満ちてそれぞれの役割を主体的意欲的に果たしてくれれば、常に顧客の選択肢にラインナップされ、社会からも支持され、コストパフォーマンスに優れ、働くのが楽しい場所となり、入りたい会社の上位にランクインされることでしょう。このような企業環境を構築することは経営者にとっての理想であり、そのための努力も日々行っていることと思います。

しかし実際は、多くの経営者が人に関する問題に日々悩まされ、解決策も見出せないでいるのが現実です。人の問題を具体的に言い変えれば、そのほとんどが「行動の問題」と捉えることができます。勤務態度から生産効率に至るまで、行動の問題はそのまま業務パフォーマンスの問題となります。その上、それは利益減コスト増に直結します。そうです。行動の問題は、事業戦略新商品開発と同等以上に重要な課題で、経営者にとってはむしろ最優先で解決したいものなのです。ところがそこで、一部の人は短絡的な考えに陥ります。問題のある従業員を全部入れ替えればパフォーマンスが改善するのではと。しかしそれは解決策にはなりません。なぜなら、行動の問題にはそのような行動に至る原因があり、その原因が企業内部にあることが常だからです。原因を取り除かずに人を入れ替えても再び同じ問題に突き当たるのは時間の問題です。

そこで解決策としては、まず原因を取り除くことから始める必要があります。その上で行動を改善することができれば、問題の多くは解決できるのです。まさにそれが、パフォーマンスマネジメントと呼ばれるものなのです。

レイデルのパフォーマンス・マネジメントの目的

従業員の本来のパフォーマンスを回復させることと、さらにハイパフォーマンス化させること。この2つで企業は大きく変わります

パフォーマンスマネジメントで目指す目的はつです。つは、業務効率を低下させている行動を改善することで本来のパフォーマンスを回復させ、業務効率の正常化を図ること。もうつは、正常な状態のパフォーマンスをさらに効率化させることで業務効率をハイパフォーマンス化し、組織強化を果たすこと。業務効率の正常化で得られるものは、遅刻欠勤の減少離職率の低下残業の短縮職場の活気アップなど。これらによって職場の雰囲気は良くなりますが、企業としてはそれ以上にコストの削減が期待できます。

また、同じパフォーマンスマネジメントでも、業務効率のハイパフォーマンス化はその正常化とは性質が異なり、大きな問題のない正常な状態からのさらなる効率化を目指すことが目的です。この業務効率のハイパフォーマンス化で得られるものは、従業員のハイスキル化とそのノウハウの蓄積でしょう。そして企業としては、何と言っても売り上げ,利益の増大が期待できることが最大の魅力であると言えます

benefit

導入手法

まずは業務効率の正常化について。最初に業務パフォーマンスを低下させている行動を発見、特定します。問題となる行動には必ず原因がありますので、次にその原因を究明します。ただ、ひと言で行動の問題と言ってもその種類は様々ですので、問題の種類を正しく見極めた上で原因の根本を究明し特定します。ここでの問題となる行動を改善対象行動と呼びます。そして、業務効率を正常化させるためのあるべき行動を決めます。このあるべき行動を適正行動と呼びます。その上で、問題の原因を除去し、適正行動を導くための「仕組み」を導入します。この行動改善に用いるのは、業務その指示の見える化共通言語化、そして承認システムなどで、これらを導入することによってパフォーマンスの正常化を目指します。

scheme

次に、組織強化へ向けた事業効率のハイパフォーマンス化について。事業効率のハイパフォーマンス化にあたっては、まずはその目標を数値化して目標設定します。その目標数値を達成するために必要な行動を「目標行動」と位置付け、その目標行動の難度と適性を検討した上で計画を策定します。計画策定では、バランススコアカードのノウハウによる手法も用います。そして、行動のハイパフォーマンス化で導入するのが、金銭に頼らない報酬制度としてのリワードシステム業務その指示の見える化共通言語化承認システムなどです。これらによって事業効率をハイパフォーマンス化し、企業としての組織強化を目指します。これらそれぞれの目的を達成するために用いる仕組みには、行動科学のつである応用行動分析のノウハウが活かされています。応用行動分析は、様々な組織教育現場において行動改善に用いられているもので、多くの実績も残しており、行動改善には大変有効なツールとされています。この業務効率の正常化とハイパフォーマンス化は、それぞれ単体で導入することもセットで導入することも可能です。クライアント様のご希望環境目的などに合わせて、業務効率の正常化、ハイパフォーマンス化、正常化させた上でさらにハイパフォーマンス化の通りからお選びいただけます。

期待する導入効果

勤怠状態

遅刻欠勤らし、勤怠管理へのマネジメントの負担減らす効果

離職率

離職率を低下させ、離職に伴う補充採用に掛かるコストを削減する効果

残業

作業能率がり、同じ業務量を短時間でこなすこと残業減らす効果

マネジメント

今までネガティブな事態に対応していたマネジメントの手間をポジティブな方向に回せるマネジメントの効率化

研修,コンサルティングのご依頼,お問い合せなどは、こちらから

研修

コンサルティング

セミナー

お問い合せ
FBlogo

> トップページ

> コンセプト

> サービス

> 研究所プロフィール

> 導入事例

> プライバシーポリシー

■

> セールスコミュニケーション

> マネジメントコミュニケーション

> パフォーマンスマネジメント

> インターナルコミュニケーション

> オブジェクトマネジメント

■

> ライフスキルセミナー

Copylight (c) 2010 Leider Communication Institute All Lights Reserved.

FBlogo