Leider Communication Institute

logoLeider2

レイデル コミュニケーション研究所

“ビジネスコミュニケーション” の最強パートナー

item4a
トップページ LCI 研究所プロフィール
レイデル コミュニケーション研究所について

レイデルコミュニケーション研究所概要

Outline of

Leider

 

営業職でもマネジメント職でも、その相手となる客や部下との関係はコミュニケーションなしには成立しません。逆に言えば、コミュニケーションにおいて成功できれば、相手との良好な関係を築けると言うことです。レイデルでは、ビジネスにおけるコミュニケーションにフォーカスした「社員研修」と「コンサルティング」を主なサービスとしています。2010年の創設以来、すでに上場企業を初めとする多くの企業にサービスを導入いただきました。

・設立 2010年6月

・取引銀行 三井住友銀行甲子園支店

コーポレートミッション

Corporate

mission

 

『みんなが解り合える心豊かな世界への ”先導者” となる』

人は世界を見る時、その人固有の心のフィルターを通して見ています。そしてほとんどの場合、このたった1つのフィルターだけで見聞きした物を判断し理解しています。これは、人々が解り合えない最大の原因です。自分や他者を正しく理解するめには、今あなたが持っている心のフィルターを外して世界を見ることが必要です。これに大きく役立つのが心理学と脳科学です。レイデルは、心理学と脳科学を活用したコミュニケーションのスキルアップ支援を通して、「みんなが解り合える心豊かな世界への “ 先導者 ” となる」ことをミッションとしています。この「先導者」のオランダ語訳である「leider(レイデル)」が研究所名の由来です。

お問い合せ,ご依頼は、こちらから

代表者プロフィール

Profile of

president

 

北村慎野きたむら しん

1962年・兵庫県神戸市生まれ

美容関連,建設関連,保険関連のベンチャーから上場企業に至る各企業で、主に新規事業の立ち上げに従事。また、戦略系会計事務所においてベンチャー企業対象のビジネスコンサルタントとしてIPOに携わる。この間に出会った心理学の可能性に魅了され、ビジネスへの応用を徹底的に研究。以後、企業コンサルティング,マネジメント,交渉,営業活動などにおいて心理学を実践的に用いる。以上の経験を活かし、2010年、心理学を応用したコミュニケーションコンサルティング会社、レイデルコミュニケーション研究所を設立。代表 兼 コミュニケーションカウンセラーを務める。

NEC0027

代表者メッセージ

Message from

president

 

コミュニケーションスキルといっても、普段、相手との意思の疎通に困ることはないでしょう。自分の意思を伝え相手の考えを知ることに大きな困難は感じないと思います。では、「目的のあるコミュニケーション」においてはどうでしょうか。商談や交渉,マネジメントにおけるコミュニケーションには必ず「目的」があります。その目的を果たせなかった場合、商談であれば契約の不成立、交渉なら決裂、マネジメントなら予算の未達などの結果に終わります。このように、コミュニケーションは目的の達成においては重要な役割を持ち、またスキルを要求されるものなのです。ところが、多くの人が普段の会話で不便を感じないことから、結果を求められるビジネスの会話にもそのまま臨んでしまうため、思うような成果を挙げられないのです。そんなビジネスにおけるコミュニケーションに着目して生まれたのが、レイデルコミュニケーション研究所です。刻々と変化するビジネスで成果を出し続けるため、ぜひレイデルの豊富なノウハウを貴社のビジネスにもお役立てください。

レイデルコミュニケーション研究所

代表 北村 慎

コンサルティング

セミナー研修

お問い合せ
FBlogo1

> トップページ

> サービス

> 研究所プロフィール

> 導入事例

> ポリシー

■

> インターナルコミュニケーション

> セールスコミュニケーション

> マネジメントコミュニケーション

> プレゼンテーションコーチ

> 一般向けセミナー

Copylight (c) 2010 Leider Communication Institute All Lights Reserved.

FBlogo2