Leider Communication Institute

logoLeider2

レイデル コミュニケーション研究所

“ビジネスコミュニケーション” の最強パートナー

item4a
トップページ LCI オブジェクト・マネジメント
icnventure オブジェクト・マネジメント コンサルティング

オブジェクトマネジメントとは

ベンチャー企業を主な対象とした経営戦略のコンサルティングです。企業のグランドデザインである目的と目標の策定や自社内外の環境分析など、それぞれの戦略ツールをベンチャー企業が取り入れやすいサイズにシンプル化し、経営戦略と事業展開のマネジメントを支援します。ベンチャービジネスを主な対象とする理由は、経営陣の思考の柔軟性と経営のスピードにあります。一般的に社歴が長く出来上がってしまっている企業は、経営改革への抵抗感が大きく柔軟性も失われている傾向にあり、改革に対するコストと労力の負担は相当なレベルになりがちです。ところがベンチャー企業では、変化に対して柔軟で小回りも利き、コスト的にも労力的にも小さな負担で対応することができます。また、改革に対して積極的な姿勢であることも大きなアドバンテージとなります。

コンサルティングにおいては、まず自社の「企業としての目的と目標」を整理し、その「目的を達成するための手段と目標」を確認します。これを基に自社内外の様々な環境を分析し、事業展開をプランニングする中で自社のアドバンテージを導き出し、効果的なマーケット展開を考えます。このように、自社の企業としての目的と目標をベースに戦略や事業展開を導く方法は「ウェイマネジメント」と呼ばれ、大手企業の導入事例も年々増えている最近注目の経営手法です。これら一連の手法を、ベンチャー企業サイズに組み直して用いるのが、レイデルのオブジェクトマネジメントです。

venture1

レイデルのオブジェクト・マネジメントの目的

オブジェクトマネジメントの最大の目的は、ビジネスを成功に導くために自社を取り巻く環境を把握することと、その環境の中で自社に最適な戦略を導き出すことです。そして、少なくともビジネスを失敗に導く要因を取り除くことにあります。

一般的にビジネスが失敗する要因は、大きく3つ挙げられます。1つは、企業としての目的と目標の見当違いや見失いによって、顧客を含めた社会からの支持を得られなくなってしまうこと。2つ目は、自社内外の環境を把握しないことによって、戦略に誤りが生じて本来のアドバンテージを発揮できないこと。3つ目は、プロモーションを中心としたマーケティングの間違いによって、見込客に正しくアプローチできないこと。

また、業績が好調な時にそれが外部環境の恩恵であるにも関わらず慢心していまい、その外部環境が変化した時に業績が大きな影響を受けてしまうことも大きな失敗要因となります。これらは、理論的な経営戦略を重視しない中小企業ではよく起こる問題点ですが、大企業であっても決して例外ではありません。

このような失敗に陥らないため、またはこれらの失敗から抜け出すため、そして、何よりもビジネスを成功に導くため、企業の目的と目標を明確に定めて全社で共有するところから始めることが必要です。事業戦略やビジネス展開を組み上げるのは、このベースがあって初めて進めるステップです。

また通常、企業は常に何かしらの問題を抱えています。これが完全に社外環境の問題であればまだしも、社内の問題である場合が少なくありません。自社内の問題であれば、自社で解決するしかないのです。自社内の問題を自社で解決できるよう、つまり自己コントロール性を構築できるよう、やはり基本となるのが企業のグランドデザインである目的と目標の明確化です。また、企業として自己コントロール性を持つと言うことは、社外環境の影響にも対応して行ける力を身に付けることになります。なぜなら、外部が変化した時には内部をそれに伴って変化させることができれば、外部の影響は最小限に抑えられるからです。

自社内の問題を自社でコントロール,解決し、社外環境の変化にも柔軟に対応できる企業力を育てるためのヒントが、このオブジェクトマネジメントにはあります。

導入方法

SWOT分析,STP分析,3C分析,4Pプランなど、導入するツールは高度な理論と手法によるものですが、理論的な戦略立案に慣れていない中小企業でも取り組めるよう、複雑なスキームを簡易化して用います。

venture3

それぞれの分析やプランニングの一例をご紹介すると、SWOT分析では、自社内外の全体的な環境分析によってウィークポイントとアドバンテージの把握を行い、STP分析では、自社商品の購入対象となる顧客を想定してその顧客にとっての商品の位置付けを導き出し、3C分析では、自社の顧客を取り巻く環境を分析することで競合他社との差別化を図り、4Pプランでは、商品,サービスに関する4つの要素(商品,価格,販売経路,広告)を最適化するプランニングを行います。以上を中心に様々な分析とプランニングを進めます。

そして、事業戦略を策定する際に必要となる戦略(=事業戦略),作戦行動(=事業展開),戦術(=事業展開で用いるノウハウ),兵站(=経営資源)などの概念も、実際のビジネス展開に有効に活かせるよう支援いたします。

venture2

なお、コンサルティングの導入にあたっては、ベンチャー企業であるかどうかは大きな判断材料とはしていません。改革や軌道修正に抵抗が少ない企業は、すべてコンサルティングの対象とお考えください。もちろん、創業準備中での導入も可能です。むしろ、軌道修正の負担がない分、創業準備として導入いただく方が理想的であると言えます。ビジネスを成功に導くために、オブジェクトマネジメントの積極的な導入のご検討をお勧めいたします

研修,コンサルティングのご依頼,お問い合せなどは、こちらから

研修

コンサルティング

セミナー

お問い合せ
FBlogo

> トップページ

> コンセプト

> サービス

> 研究所プロフィール

> 導入事例

> プライバシーポリシー

■

> セールスコミュニケーション

> マネジメントコミュニケーション

> パフォーマンスマネジメント

> インターナルコミュニケーション

> オブジェクトマネジメント

■

> ライフスキルセミナー

Copylight (c) 2010 Leider Communication Institute All Lights Reserved.

FBlogo